前へ
次へ

損害賠償金を支払って解決

何かしらのトラブルに巻き込まれた、もしくは巻き込んでしまった際には、損害賠償金を払う形で決着をつけることがあります。
この時のポイントは、自分が加害者であろうとも被害者であろうとも出来るだけ損害賠償金という形の示談で解決した方が良いかもしれません。
裁判で争うことも出来ますが、この場合には非常に長い時間が必要ですし、弁護士費用も決して安いものではありません。
両者ともに非常に消耗してしまうため、基本的にはあまり行っても良い結果にはならないでしょう。
可能であれば当事者同士で話し合い、示談交渉をしていくことが時間的にも経済的にも好ましい結果になります。
トラブルに合ってしまうと、いつもと違う状況なので冷静に判断していくことが難しくなってしまうかもしれません。
そうなると、感情的になってしまい本来では建設的ではない方法で解決しようとしてしまうこともありえます。
こうした事態を避けるためにも、先ずは一度落ち着いてみて冷静な判断をしてみることをお勧めします。

Page Top